液晶画面が壊れたらiphone修理業者に依頼して直してもらう

スマホは時間が経つと壊れるもの

スマホは電話機能だけでなく、パソコンのようにさまざまな機能を搭載しているため壊れやすいイメージがあります。ただし、ソフトウェアの不具合よりも落としてしまって壊れてしまったり、便利だからと使い過ぎてしまってバッテリーがなくなってしまうなどから壊れてしまいます。

iphoneのよく壊れる箇所

剥きだしで割れやすい液晶画面

圧倒的に多い修理箇所は画面です。液晶画面割れやガラス割れなどの液晶画面は剥きだしになっているため、簡単に割れてしまいます。

バッテリーの持ちが悪いまたは電源が入らない

バッテリーがすぐなくなってしまう、電源が入らないなどのバッテリートラブルは長期ユーザーの多くが悩んでいます。

カメラ機能が真っ暗で使用できない

カメラを起動したら真っ暗というケースの場合には、空き容量を増やすと起動する可能性があります。5Gほど開けておくと動作させることができます。

機能の要となるホームボタンの不具合

ホームボタンは掃除をすると効きがよくなったり、ストレージの容量を開けると改善するケースもあります。ただし、落下や金属劣化で陥没している場合には自分では直せない場合もあります。

画面の表示や液晶が縞模様が入る

ひび割れと同じように落下などの衝撃から画面の表示が乱れてしまいます。部分的に表示されなかったり、画面に線がが入ってしまったときには内部の故障の可能性があります

液晶画面が壊れたらiphone修理業者に依頼して直してもらう

スマホ

機種によって変わる修理費用

iPhoneには数多く販売されています。ガラスだけでなくバッテリーやホームボタンなどさまざまなパーツにて修理費用が異なります。正規店にてAppleCare+を使った場合であっも修理費用は異なります。

画面割れの修理費用相場

iPhone修理の中でも特に多い画面割れの修理の相場は、機種にもよりますがAppleCare+を加入している場合には相場は3400円、AppleCare+非加入の場合には最新機種の場合には3万円超こともあります。
非正規業者の場合には1万5千円程度から7千円弱が相場となっています。

便利な宅配修理

正規店だけでなく非正規業者であっても配送修理の受付が行われています。指定配送業者が取に来てくれるため、修理手続きと配送業者の手配両方をする手間なく修理に出すことができます。

宅配修理を利用した方の口コミ

AppleCare+の料金をムダにしたくない

せっかくAppleCare+を加入していて料金も支払っているのに近くにショップがない、というときにもAppleに宅配できるため保証がムダになりません。

近くに修理業者が無くても行く手間を省ける

近くに正規店も非正規業者もありません。どちらも都市部に多いため地域によっては時間をかけて修理に行かなくてはいけませんが、宅配を利用することによって行く手間を省けます。